←prev entry Top next entry→
年末に やってもた〜(涙
0
     このブログの去年末の29日に“あと少しやから病気や怪我には
    くれぐれも気を付けて”みたいな事を書いておきながら
    銀爺は30日深夜〜31日朝までの就寝中にフトンの中に置いてある
    “ゆたんぽ”で低温火傷をしてしまいました
     朝起きてしばらくは分からずに、靴を履こうとした時に異変に
    気付いた。左足かかと部分に水ぶくれが…

     折りしも時期が時期だけに開いてる病院もありませんし、自分で
    水ぶくれを裂いてガーゼを当ててバンドエイドをペタリンコ。
     その後痛みも徐々になくなり回復傾向…明けて3日には傷を忘れるくらい
    になっとったんですが…4日の昼頃から又傷みが復活!夜には
    靴も履けないくらいの傷みに!ガーゼを外してみると案の定
    傷口が膿んで赤く腫れ上がってました(汚い足でゴメン…)




     仕方が無いんであくる日近所の整形外科へ…(本来火傷治療などは皮膚科
     なんですが、知り合いと言う事もありこちらで処置して貰いました)


     1時間ほど後にはこんな姿に…


     何でも“傷口が乾くまで1週間ほど通うてください”とのお達しが…

     正月そうそう大変でした…って言うか仕事中、サンダルは
    寒いのよね。しかも厨房の仕事やから水にも注意して掛からん様に
    せなあかんし、大変でございます…

     …皆さんも低温やけどにご注意を…以外に多いらしいですよ…

     正月そうそうエライ目に遭うたわ悲しい参った…
     
    | 銀爺 | 健 康 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    2009/01/12 1:51 PM posted by: 古家野 昇
    「ゆたんぽ」とは古風でいいですね。寝るときは布団で十分の現在までの私ですが先はどうなるかは不明。ゆたんぽするようなことになれば注意しますよ。

    貴重な体験報告ありがとうさんです。
    2009/01/15 6:17 PM posted by: 銀爺
     世の中 ナニが起こるか解らないとは
    よう言うたもんで、あんなモンで火傷する
    なんて…(涙

     実は銀爺、女性並みの冷え性でありまして
    冬には毎年コタツに助けて貰ってるんですよ…
     
     低温火傷の知識はあったんですが、まさか
    自分がなるとは…

     以後気を付けます…
     
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://blog.tori-maru.com/trackback/848112